スマートフォンARコンテンツ制作
– 不動産会社向けキャンペーンコンテンツ制作-

概要

某不動産仲介会社の企業紹介キャンペーン目的のARコンテンツを制作しました。スマートフォン向けARコンテンツ制作プラットフォーム(ARAPPLI「アラプリ」)を使用し、短期間で制作を行ないました。アプリケーションは案内状を切り込み加工した台紙に掲載されたQRコードを認識し、カメラビュー内に3Dのバーチャル画像が現れます。iPhone、iPad、Androidのスマートフォン端末で利用が可能となっています。

ARとは

AR (Augmented Reality)とは日本語では「拡張現実感」と呼ばれる現実界を映したカメラ映像内の画像情報とバーチャルコンテンツを融合させる技術です。
本コンテンツは認識画像としてQRコード(マーカー)を使っていますが、マーカーを使用しない画像認識や、手のひら、顔認識などの認識技術も普及しています。

使いかた

  1. App Store、またはAndroid Marketから専用アプリをダウンロードします。
  2. 専用アプリを起動します。
  3. 台紙に印刷されたQRコードを 「Scan/Code」 で読み取ります。
  4. 台紙上に、ARコンテンツが表示されます。 (パーツが組上がり、家が建って光が灯る動きをします)