Staff Interview
社員インタビュー

正解が一つではないのが、この仕事のおもしろいところ

事業推進本部 採用担当

入社当初は採用アシスタントとしてのスタートでした

ICDの採用担当として、採用業務(新卒・中途)をメインで行っています。
入社当初は、電話やメールの応募対応、面接調整・来社対応など、採用アシスタントとしてのスタートでした。
そこから、採用手法の検討や、面接官・説明会のプレゼンターなどの選考に少しずつ携わるようになり、徐々に業務の幅を広げています。
その他、社内イベントの運営、派遣・広報業務(一部)なども行ってきました。
業務の幅が広がっても、「業務」が「作業」にならないよう、1つ1つの仕事に真摯に向き合って対応することを心がけています。

この先は、リーダー・マネージャーへとキャリアを積んでいきたいと思っています。
これまでは、目の前の業務でいっぱいいっぱいでしたが、最近は、少しずつ視野も広がり、色々な物事の見方が出来るように訓練中です。
面接での対応1つとっても、10人いれば10通りの考え方・受け取り方があるので、とても繊細な志向が必要な仕事だと思っています。
その感覚をこれからもっと磨いていき、多方面からアプローチできるスキルを身につけたいです。

IT業界に勝手に抱いていた概念を覆されました。

私は、学校が文系だったこともあり、ITって?というところからのスタートでした。
入社当時は、不安もありましたが、部署内のメンバーだけでなく、関わるICD社員全員が本当に親切で、IT業界に勝手に抱いていた概念を覆されました。
この会社でならやっていけると思った瞬間だったと思います。

まだまだ半人前の私にも、チャンスを与えてくれて、チャレンジできる環境がたくさんあります。
それだけ、自分の行動に責任は伴いますが、正解が一つではないのが、この仕事のおもしろいところでもあると思うので、毎日あれこれ考えながら、追求する楽しさがあります。

今、まさに急成長中のICDだからこそ、経験できることがきっとあると思います。
あなたの【想い】を、ICDへぶつけてみてください!

インタビュー写真
  • isms
  • pmark
Copyright©2016 Interactive Communication Design Co.,Ltd. All Rights Reserved.